トップへ戻る

 5月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

今月のピックアップ

上旬は体調面に注意が必要な期間です。12星座の星占いで重大な事故や生命にかかわるような病気は占えません。誰にでも起こりそうなことを占うものです。だから、ここは疲れがたまって病気にかかりやすいコンディションです、とか、注意力が低下して事故に遭いやすいから注意をしてくださいという程度の話。避けられないような運命は占いの範囲ではありません。疲れがたまっているなら休養を取ればいいことです。注意力低下しそうなら、運転や歩くときや重いものを持ったり機械を扱ったりするときにもふと思い出せばいい話です。この期間だから注意しなければならない話ではなくて、日常から気を付けていたほうがいいことを再認識すれば大丈夫。レジャーを楽しむとか仕事をがんばるということには向かないかもしれませんが、コロナ禍のこんな時期なので調整はできるでしょう。友人関係はアップダウンが激しく、好調なところは楽しく過ごせるいい関係ができるのでスムーズですが、低下する部分に気を付けてください。友達の物を壊してしまったり、傷つけてしまうようなことはトラブルの原因なので、借りたり触れたりしないように気を使ったほうがいいです。友達関係を続けてきた相手でも、お互いが時間とともに変わってしまうこともあれば、友達だからと思って気にしないようにしていたことでもいつまでも続くと付き合いきれないと思うようなことがあるなどで、数名の友達とはその関係をフェードアウト的に解消したほうがいいという状態もあります。積もった不満が爆発して衝突してしまうならそれはもう早く切ったほうがいい関係です。友達は友達なので、異性の友達が変な絡み方をしてきたりするようなら警戒してください。相手は冗談のつもりでも不快なセクハラを受けることもあれば、本気なのか冗談なのか、はたまた一度だけお願いなのかわからないアプローチをされても面倒くさいだけです。友達なのにそういう目で見ている部分もあったのかと感じると幻滅することもあるでしょう。

中旬以降はやや好調の安定、安泰機関。それぞれの項目が好調だったり、普通~やや高めくらいの状態だったりが続きます。大きなトピックスで、これをやりましょうとか、これがお勧めということもなく、自分の感じるいいペースで一歩ずつ進めるような時間になります。壮大な目標ではなくて、日常に感じるちょっとやってみたいなとか、こういう行ってみたいなと思うことは、コロナ禍の現状は考慮が必要という制限はあるものの、思いたったが吉日で行動してみましょう。小さな楽しさや嬉しさがみつかります。そんな行動がサッととれる程度にはフットワークも軽く、行動力や決断力も出ています。

今月の恋愛のポイント

シングルは悪くはないけれど決め手となるものがない期間です。好きな相手がいない人は、手近な友達から恋人候補を見つけるのはやめたほうがいいです。以前から好きな相手がいる場合も、気持ちが揺れてしまいそう。きれいになったわけではないけれど、本当に好きなのか、ずっと追いかけたりずっと好きでいることができるのかという不安を持ってしまいまそう。この期間は手ごたえを感じづらく、一歩を踏み出していく勇気が足りません。今までなんとも思っていなかった人に、もしかしたら恋をしてしまったかも…なんて場面や、今の時点ではこれだとは思わないけれどなかなかいい人だからもう少しよく知りたいと思う人との出会いの可能性はあります。

カップルはそれなりに順調で、それなりに不満。楽しいことやうれしいことを求めすぎても、毎日そういったことがあるわけもなく、それでも恋人がいて信頼ができるのなら普通と思うことが実はけっこう幸せだったりもします。デートと言ってもコロナ禍のこの状況では難しい部分や制限されることもありますが、相手からセッティングしてくれないことを不満に感じるなら、自分がプランを出してみましょう。求めることとか責めることをしがちですが、それ以上に愛情を表す言葉をストレートに伝えているでしょうか。恋愛は勝ち負けでもプライドでするものでもないので、付き合っている大切な人のためなら、楽しく過ごすことを第一に難しく考えないでやれることをやるくらいでちょうどいいのでしょう。