トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

上旬は安定して高め、中旬から下旬はアップダウンが大きく感じそうです。星座としてみればストレス耐性が強そうな山羊座ですが、このところの閉そく感はじわじわと効いてきているのかもしれません。体調面はいい感じに安定しているので日々を過ごしていく上では「こんなものかな」という落ち着きはあります。

レジャー関係は好調な要素の中に要注意がポツポツありますが、制限されることが多いとか、予定が変わってしまうとか、やりたいことが多くてこなしきれずに消化不良のようなものなので、コロナ禍の中ではどちらにしても自粛することが多いと考えればどちらでも同じような結果になるのでしょう。今想像できることよりは悪くならないはず。その反動で買い物をしてしまうようであれば散財に注意です。買い物では混在という日が多くなります。いいものに巡り合えても不要なものまで買ってしまいそう。計画的に、検討したうえでの買い物なら問題ありませんが、ひらめきとか衝動買いの類は後悔することになります。

友人関係のアップダウンはうれしいことと残念なことが混在して、もし平均値をとればやや好調くらいになります。友達と過ごした時間が楽しいとか、ほっこりすることを言ってもらえたとか、ものの貸し借りや嗜好の違いでちょっと喧嘩しちゃったとか、体感としていいことも残念なこともあるものの、日々の体感ではその日の出来事として感じますがひとつひとつのインパクトは小さいほうです。仕事も日々の流れという感じで大きな変化はなく、今日は昨日の続きで、明日は今日の続き。毎日が灰色でもない代わりに煌びやかなバラ色でもなく過ぎていきます。

シングルの恋愛は、新しい恋が生まれるとか恋人ができる可能性もあるにはあります。好調なタイミングに要注意のことが同時に出ていたりするので立ち回りが難しいです。恋は生まれるとか、気持ちを告げるチャンスは巡ってきても、振られてしまう可能性はあります。この時期は独占欲とか束縛欲が強くなっていたり、恋愛関係が成立していないのに踏み込みすぎなことを言われていると受け取られると相手が壁を建ててしまいます。でも、告白するということはその壁を乗り越えるということなので、建てられたら難しい、乗り越えてもダメというのでは手がありません。この期間については、踏み込みすぎず、もし、相手から言ってきてくれればOKすればいいくらいの気持ちでいてください。普通に接しているだけでも、それなりに押しているとか、匂わせているような行動をとっているでしょうから踏み込みすぎないようブレーキを掛ける意識をするくらいがちょうどよいはず。

カップルの恋愛は幸せを感じる場面もあり好調とは言えますが、コロナ禍の状況では遊びに行くことも制限されてしまうので、レジャースポットをお勧めとも書きづらく、二人で楽しく過ごす方法は工夫が必要になります。注意部分のあり、独占欲や束縛欲が強くなると喧嘩してしまいそう。喧嘩自体はそれほど強烈なものにはならないでしょう。会えないさみしさとか、今の状況が心配とか心細いということで寄りかかりたい気分になることが原因。それを拒絶されるわけではなく、わかってもコロナ禍でどうしろというのか答えが出せないのでぶつかってしまうようなもの。喧嘩したいわけでも、別れたいわけでもないのでふたりで折り合う場所を見つけてください。