トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

日々の体感として感じる好調・低下はあります。日常のよくあることとは別に抽象的な表現になりますが、自分ががんばってきたことや目標としてきたことについて、うまくいくもの、挫折するもの、新たにやりがいや楽しみを見つける可能性があるものと、色々混在ます。

一年のスタートらしく新たな目標を見つける人や、チャレンジの成果がでる人もいるし、残念ながら方針変換をせざるを得ない人もいるという世の中ではよくあることであり、同じ双子座でも人それぞれ。好調な人は少し前からの努力に幸運がプラスさせるので自信をもってください。ここがゴールであったり、ひとつの階段を上ったところであったり、ここにきたら次のことを考えようと言う段階。

努力してきたことで行き詰まったり限界を感じる人もいます。それなりの挫折感はあっても新しい希望も同居しています。続けてきたものが仕事の何かでも、趣味物でも、その上に歩んでいくにいは能力も気力も求められるということのようです。だから、苦労し続けることを選ばないなら緩やかな道に変えることできるし、別のものや違う方向性で始めたいものが見つかるケースもあります。いずれは戻るけれど手法を変えて一度は遠回りしたいと思うなら、それも選択肢です。

結果が良好であれ、挫折であれ、ここがこれからの自分の見直しポイントになります。

友人関係は安定してやや良好、旅行は混在ながらも好調はかなりの良好でトータル的には好調の部類です。遠出の旅行とか友達に会いに行く、友達と遊びに行くことをお勧めしたい日もあります。でも、今は新型コロナウイルスの影響で人と合うことや旅行に出かけることをお勧めとは言いづらい事情は考慮してください。その事情とは別に、家でひとりで楽しめるような趣味については充実の傾向があります。退屈はしないで済みそう。

恋愛は上旬はやや高めで安定して推移なのですが、中旬以降は混在波乱であり、どちらかというと低迷傾向になります。ここではモテるとも言えるものの、それが恋愛対象外の人から言い寄られるとか、それも迷惑に感じることだったりするのでしっかりガードをしたほうがよいでしょう。「もしかして?」と思っても気のせいで、狙ってきているわけではない親切心の場合もあるので気にしすぎて鉄壁のガードをしてしまうと相手に失礼なこともあります。双子座の人は自身の判断に自信を持つ傾向があるため、感じたとか思った、ということが根拠で過剰に反応してしまうケースもありそう。その部分の調整は必要です。犯罪をされてから訴えろという意味ではないです。怖いと思うようなことなら逃げることが正解だし、迷惑だと思うことならはっきり断るとか、特にセクハラを感じるなら怒っても、言ってもいいことです。もしかしたら…のレベルのうちは射程圏内から逃げて様子を見て、批判や反撃態勢には入らないこと、いい関係を作れている人を切り捨てないでください。誤解から失うものも大きいです。

シングルにはあまり向かない時期となりそう。周囲には公にしづらい恋の可能性はあり、ステディのいる相手へ恋をしたり、ステディのいる人から言い寄られたりする可能性です。一時、気持ちが盛り上がってしまいそうなので危険です。多くの場合は、不倫相手やセフレのポジションになっていき、その人が自分のもとに来てくれて恋人関係になる未来は難しそう。歳の差のある恋愛も夢は見れますが成就しづらいようです。状況は春になれば変わってきます。ここはタイミングが向かないと考えたほうがいいのでしょう。

カップルはふたりでべたべた、イチャイチャすると気持ちも盛り上がる期間です。濃厚な接触なので、お勧めしていいのかどうかは悩みますが、恋人同士ならではの時間は大切にしてください。ふたりの間に嘘があると、些細なものでも相手を傷つけることになります。疑いが疑いを生み、ひとつ起こったことが些細であっても次が出てくる感じがしたり。それがこじれてしまった場合は、別れのトリガーになる可能性すらあります。でも、相手が信用できないとか、感覚が違いすぎてそれを納得できないと思うくらいなら、別れるのも選択肢です。ここでさらっと別れるか、来月にもっとこじれて別れるか…という流れになってしまいそう。自分も相手も隠し事や嘘はダメ、素直に謝れるかもポイントです。