トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

仕事だけになってしまう日々ではなくて、日常の中ではいろいろなことがありますが、ここで中心としてピックアップするのは仕事となります。

仕事は忙しさを増しそうです。それなりに楽しいこともあり、やりがいもあって実績も積めそうな期待もある反面、上司やお客様は合う合わないが激しくなり高い評価と同時に不当な評価をしてくる人もいて苦労しそう。出る杭ではなくて努力で登ろうとしているのに、出てきたからと叩こうとする人もいれば、足を引っ張るようなことを言い出す人もいます。仕事をがんばっているなら関わる人数も増えるわけで、それらの人たちにはそれなりの割合で変な人も困った人もいます。同僚との関係はとてもいいので心強かったり、助け合えたりします。そういった苦労をしてもキャリアアップとか成果を出すことを考えるのか、がんばったところで会社の状況を考えたら評価が上がらないだろうとか、努力に見合ったお金はもらえないと思うのなら、無理をしてがんばることかは疑問です。また、職種によってはコロナ禍の影響を大きく受けてしまい、キャリアアップとは評価とか関係なしに忙しい、もしくは仕事を続けることが厳しいという人もいるはず。そのダメージはきついでしょう。転職や再就職を考える人にとっては、それなりにチャンスであるとか、いい評価を受けることはあっても、いい話が決まるまで進むものはなかなか見つかりそうにありません。希望を打ち砕くために書いているのではなくて、上げて落とされることが心配です。コロナ禍の影響もあるのですが、それを理由に直前で話を変えてくる人は、コロナ禍のせいにすれば何でも許されると思っているのでしょう。確定するまでは慎重に進めてください。

友人関係では親友と思うような存在が新たにできる可能性もあるのですが、親友と思っていた友達と激しい衝突をして仲違いしてしまう可能性もあります。これはどちらも可能性なので、放っておけばそうなるということではありません。出会いは偶然だとしても、友達からの発展だとしても、一緒に何かをしていくなかで意気投合する人は出現しそうです。そこでもう一歩踏み込んでいい関係を作ろうとすれば、新しい親友出現の可能性大。親友と思う存在であればお互いに対等という意識もあるでしょう。それが対抗意識になって相手に譲ろうとしない、自分の意見を否定するのは納得できない、相手の行動が自分の基準に満たないという気持ちが生まれると、ほかの人や普通の友達よりも期待している分だけ不満が大きくなります。昨日の敵は今日の友の反対の状態。衝突まで行ってしまうと修復は困難です。軽い冗談とか、親しみで言ったつもりが失言になるようなことは避けたほうがいいです。相手がそういうことを言ってきたときも、まずは寛容な気持ちで接してあげてください。謝っても許さないとか、しつこいとか、マウントしてくるようであれば離れていくという選択肢がベスト。職場仲間でも友達と思うような人との関係はとても良好です。職場の同僚と仲良くなりやすい場面もあります。仕事帰りに一緒に寄り道とか、気の合う仲間と飲み会とか、コロナ禍でなければお勧めと書いている場面です。

シングルの恋愛では職場の中から恋人候補出現の可能性があります。職場以外を含めて、仕事に関する恋愛については厳しい部分もあり、気持ちを告げて恋愛関係に進むという点については難しい場面です。仕事とのバランスで予定を上手に入れられないとか、邪魔をしてくる人が現れるなど、思ったようにいかないことが原因。よほど慎重に水面下で進めていくのでなければ時間をかけたほうがいいでしょう。既に好きな相手はいるという人は、料理を作りに行ってあげる作戦が効果があります…と書きたいところですが、コロナ禍の状況では取りづらい手法です。

カップルの恋愛で、ふたりの間にある愛情は大きく変わらないのですが、仕事が忙しくて会える機会が減るとか、電話する時間が遅くなるとか、そういったことで恋人の不満が徐々に溜まっていく可能性はあります。そこから喧嘩になってしまうと、本来は仕事を選ぶか恋愛を優先するかの話ではないのに、それが問題のような流れになってしまいすれ違いが生まれます。仕事と恋愛のバラスは考えて、理解をしてもらえるような言動をすることは大切です。