トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

上旬は日々のアップダウンはありますが、おおむねやや好調の状態の中で好調な日があるような期間。順調なスタートになります。

中旬以降は家で過ごす時間や、家族との時間、自分の住む場所で癒しを感じるなどの状態とともに、レジャー関係は混在という期間になります。コロナ禍の状況を意識したような結果ですが、コロナ禍に関わらず家でのんびりしたいとか、部屋の掃除や模様替えなど自分の住む環境を整えて気持ち良く過ごしたいと考えそうで、そういったアクションを起こすことに向いています。レジャー自体は悪いことばかりではなく、近場でも遠出でも、旅行やアミューズメントパーク、映画や飲み会やカラオケなど楽しめる期間であるという要素は出ています。思い出深い楽しいものになりそうです。同時に予定が狂いやすいことや、期待しすぎたり欲張りになることで、楽しみにしていたレジャーも一部や全部のキャンセルなど混乱も起きやすい状態です。事故やけが、体調を崩しやすいというアクシデントの可能性も通常よりは少しだけ高くなっています。いつもなら余裕を持ったスケジュールで、とか、多少のアクシデントには対応できる準備をしてなどと書いて、条件付けはあっても旅行などのレジャーがお勧めと書く場面ですが、ここではコロナ禍を意識してリスクを大きく取ったほうがよいでしょう。

中旬以降は体調面もアップダウンする中で、体調というと好調なところよりも注意点のほうが気になる項目です。調子がいいことは嬉しいことで、日々がスムーズに進むので「今、体調がいいな~」と体感することは少ないです。反面、体調が悪いと具体的に痛いとか辛いとか症状が出るので「調子が悪いな」とわかりやすいです。この期間は回復力はあるけれど、体調を崩しやすいということで、悪くは感じていないからといって無理はできないという期間になります。コロナ禍の影響と思われるような今までと違って制限の多い生活にもかなりストレスが溜まっている模様。回復力が高いと言っても、気持ちが萎えてきてしまうと疲れのほうが勝ってしまいます。仕事でも遊びでも体力的に無理をすれば体調を崩しやすいという状況です。12星座の占いで重大な事故や病気など命に係わるようなことは占えませんが、普通に考えられる注意はしたほうがいいということで、危険の度合いが少し上がっているという警告はあります。病気やケガの場合、後遺症というとインパクトが強すぎますが、影響が長く残ってしまう可能性もあるという点で、避けるための努力をしたほうがいいです。怖がることでもないし、家から一歩も出るなという話でもありません。コロナ禍で言われているような密を避けるとか手指の消毒とか、車の運転や外を歩くときには交通ルールを守るなどの一般的な注意をおろそかにしないでください。それ以上のことは12星座の占いでは占えないのと同じように、もらってしまう事故やトラブルは回避しようもありません。持病や過去のケガの影響が残っているという人にとっては、想定される範囲ではあるものの症状は出てしまいそう。予定を立てるときには考慮してください。

恋愛では、シングル、カップルともにショッキングな失恋の可能性はあります。恋愛対象とは思っていない相手からのアプローチで少々苦労することもあります。ストーカーとかセクハラとか、多くの人が遭うことではありませんが、危険は感じるとともに、そこまでは行かなくても嫌な気持ちになってしまうものです。被害者にも落ち度はあったとか、そっちが誘ってきたのだとか言い出す人もいるので、もし、被害に遭ってしまった場合は二重に辛い思いをすることになりそう。自分を守ると言う意味で、いい悪いは関係なく、それなりのガードをするほうがいいです。嫌な思いをしそうだなと思ったらその場は避けることも予防になります。

シングルの場合、家族の紹介とかお見合いに可能性はありますが、それを積極的に選ぶことはしなさそう。この期間でも恋人関係に進むチャンスはあり、出会いの可能性もあります。でも、短期間で終わってしまう恋に熱をあげたり、付き合ってみたら性格が豹変したとか、Hをさせてくれそうだから声をかけて数回で飽きたから捨てられるとか、そんな可能性もあります。混在の隙間を突いてうまくやるのはなかなか難しそう。距離を詰めて友達として仲良くするというステップに進むことはしやすいので、そこで次の一手まで状況をうかがうのも策です。

カップルの場合、退屈に思う場面があったとしても、それは気にしないほうがいいです。会話やイチャイチャする時間が足りていればそんな風には感じないですが、今の社会的状況では不安やイライラが募りやすいのでしょう。退屈に思うとしたらコミュニケーション不足。些細なことでも話す時間を増やせば解消します。一緒にレジャーに出掛ければ楽しいという好調要素もありますが、そこはコロナ禍を考えると活かしづらいところ。この期間、失恋をするとけっこう傷が大きくなります。天秤座は別れた後もダメージは少ないとか、友達関係でいられるというタイプではあるものの、ここでは難しそう。喧嘩なら早い段階で謝って仲直りすればよし。喧嘩が続いて限界を感じるならダメージを覚悟して別れて、未練もがんばって断ち切るほうがいいです。体の相性が合わないとか、扱いが悪くて傷ついてしまうというのであれば、我慢してきたこともそろそろ限界なのでしょう。