トップへ戻る

 5月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

今月のピックアップ

上旬は上昇、低下、上昇、低下のサイクルでこの低下部分は気になる状態です。特に体調が振り回されてしまうので調子が出ない人は厳しいです。動けないとか重大な病気になるということではなく、だるいとか疲れが出てるような状況と、めんどうくさいとかやる気がでないという気分的なものの相乗効果です。もう、ダラダラすると割り切って家で無駄と思うような時間を過ごすことがコロナ禍でのしかたない過ごし方なのかもしれません。好調のタイミングがあるので、そこでは遊びに行くとか友達と出かけるなども楽しめるはずですが、コロナ禍のご時世では出かけづらいし、行き先も絞られてしまうのでその好調も発揮しづらい上に、好調の後の反動で疲れがたまりやすいこともあります。気持ちがすっきりしない、直感が外れやすい、しっかり調べるのは面倒くさいというスパイラルもあるので、ここは難しく考えずにダラダラ過ごすくらいでちょうどいいです。常に何かをがんばっていなければならないわけでもなし、無駄にしたことを後悔する必要もなし、そういう時間もあります。

中旬以降はは上昇と安定の期間です。コロナ禍だから家にいることを推奨するのではなく、家で過ごす時間が楽しく思えたり、家や家族に癒されたりする状況なので、自分の部屋の模様替えとか生活空間の充実をがんばったり、家族との食事の時間を盛り上げたり、好きなことをしながら家飲みを楽しんだりなどをお勧めします。家族で旅行は世の中の状況と、行き先の現状を確認して考えてください。考えるとか、決めるとか、話すような部分で頭も冴えています。キレキレに高回転ではなくて、クリーンな状態で素早く動く状態。コミュニケーション能力もアップ。友達との会話がはずみ、一緒に趣味を楽しむにも向いているし、仕事でも適切な判断ができテキパキこなしていけるでしょう。体調も高めで安定するので日常を過ごす上でのフットワークも軽いはず。

今月の恋愛のポイント

シングルには好調日はあるものの、大きな変化が起きづらい期間です。気持ちも醒めるわけではないけれど盛り上がるほどでもなく、好きない人がいないならば出会い待ちの気分。心に火がつかず種火のままにチョロチョロ燃えているような状態。好調な日もあるので、楽しく思えることや、いいムードになるタイミングもあります。そんな中で恋人候補以上と思える人からアプローチされるなら断る必要はありませんが、自分からアクションを起こすことに向いているというほどの期間ではないし、恋人候補には達していない人からのアプローチなら妥協しないほうがいいです。

カップルにとっては安泰とか安定と言うような変化は少ないけれど悪いこともないという状況です。退屈と考えるか、日常の中にある安心を感じるかはそれぞれのカップルの現状によるかもしれません。愛情が覚めるとか大きなトラブルが発生するというわけではないので良い状況と考えていいはず。楽しいことも無理に探すのではなくて、ふたりでいる日常の中でできることを探してみましょう。一緒にいる期間が長くなれば、毎日が刺激的で楽しい日々ではなくて、変化のない日常もやってきます。その時に興味がなくなってしまうとか、楽しく過ごす努力をしなくなってしまうことは問題。小さな気遣いとか思いやりとかがあればずっと続いていける関係になれます。