トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

気持ちが前向きでそれなりに順調だから、体感的にもやや好調を感じる上旬です。いいペースで日常を過ごしていけます。中旬、下旬は体調は比較的安定してやや好調キープなので乗り切ることは十分にできますが、日常のあれこれも、恋愛や友人関係も仕事も、アップダウンは大きいです。いつもの自分のペースとか、いつもの考え方を思い出して流されないようにしてください。

シングルの恋愛は、突然の出会いを感じて恋する気持ちに火が付く人はいるでしょう。好きな相手がいるという人も、新しい恋の相手の出現の可能性と、好きだと思っている相手の知らなかった部分を見てキュンとする場面があったり。押しの場面もあれば、引きが必要な場面もあり、タイミングを計るのは難しいです。強引なくらいの押しで、トークやボディタッチなどアピールしまくりが効果を上げる時と、それをすると警戒されて引かれてしまう時とが混在しています。わかりやすい言葉で告白するのであれば、気持ちは伝わります。受け入れてくれるのならわかりやすい反応が返ってきます。わかりづらい反応であればNGということ。それに対してさらに押していくとストーカー扱いという可能性すら出てくるので、敗戦時の引き際をうまく取れないのであれば告白はしてはいけないです。ふたりの気持ちが盛り上がっているのか、自分だけが盛り上がっちゃっているのかの判断も難しいです。友達などに相談しても言われたことを素直には受け入れられずに、「それなら聞かなきゃいいのに」と言われてしまいそう。盛り上がるときはそれだけ盛り上がって突っ走ってしまうのでしょう。

カップルはふたりの気持ちが通じていることや、信頼とか安心を感じてうれしい気持ちになれる期間です。近場で旅行などレジャーを楽しむには最適…なのですが、コロナ禍なのでそういったものをお勧めとは書きづらい状態。些細な会話の中にうれしいことがあるとか、一緒にいられる時間が幸せに思えるとかいい流れはあります。その反面、喧嘩をしてしまったときにお互いに意地の張り合いになってしまいそうな部分は危険です。引っ込みがつかない感じに別れ話を出してマウントしようとしたらそのまま別れることになってしまうとか、喧嘩と仲直りを繰り返しているカップルの場合は限界を感じて付き合う気力が消失してしまうとか。実際に付き合うとか告白するとかまでいかないし、想像することはなくても、恋人以外にも「こういう人っていいな」と思う存在が目に入ってしまい、今の恋人に執着することはないのかもしれないという気持ちになるケースもあります。喧嘩続きで限界を感じたカップル以外は、ここは別れることをお勧めする場面ではなくて意地を張らないで仲直りをお勧めしたい場面です。

結婚についても進むにはいい勢いと、結婚の話が出ると別れ話になる可能性の両方があります。話を出すこと自体は問題ないので、考えている人は話題にしてみましょう。スムーズに進むなら青信号です。仕事との兼ね合いが問題になったり、どちらかの家族の反対が想定されるとか、スムーズに進められない何かがある場合は黄色信号。強引に進めようとすると、「今はタイミングじゃない」だけでも、「この人とは難しい」という話の流れになってしまいそう。

友人でも遊び友達との関係はスムーズで良好です。今のコロナ禍の中では「ちょっと遊びに行こうよ」という感じにはなりづらいのですが、コミュニケーションをとることが楽しいという点では、友達とのオンラインミーティングはお勧めです。親友との関係は好調なところと要注意なところが混在。お互いに時間とともに性格は変わっている部分もあるし、親友と思った頃とは生活や社会的な立場が変わっていることもあります。そのギャップが喧嘩の原因になってしまった場合は激しいやりあいをする前に距離をとったほうがいいです。

仕事では能力が生きるとか、コミュニケーションがうまいということで順調に進みます。いいアイデアが浮かんだり、ちょっとした会話の中に楽しいことがあったり。気持ちに余裕があるでしょう。プレゼンとかライバルとの戦いという場面では、相手が常識人であればお互いに協力関係を作っていい状態を作れます。相手が自分の利益だけを考えるとか、自分は働かずに押し付けることばかりという人であれば、心理的な抵抗が大きくて仲良くはできません。戦うのであれば総力戦を覚悟したほうがいいです。