トップへ戻る

 4月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

3日に一度落ちるところと下旬も少々のアップダウンがあることを除けば好調な期間でと言えます。体調面ではパワフルに行動力溢れる期間という書き方よりも、底力とか回復力があって崩れづらいという表現になりますが、ここはかなりの好調期間でそんな細かいことは気にしないで好調と思っていいでしょう。自分がやりたいことを実行に移したり、楽しみたい場面を満喫できるはず。好調の度合いが高い期間なのでスポーツとか、体力を使うようなレジャーでも楽しめるし、いいリフレッシュになります。

日常の場面では裏を上手に読めたり、いつもなら気づきにくいような周囲の人のさりげない気づかいややさしさが嬉しかったり、ちょっとしたことが積みあがって順調で充実と思えるような期間です。直感が冴えているとか、いいひらめきがあります。根拠がないように思えても、自分の培ってきた感覚や蓄えてきた経験がその判断や答えを導いているのでしょうから自信をもっていいです。働いている人の場合、日常に占める仕事に関することの割合は時間の面でもインパクトの面でも大きいはずです。日とか月という単位ではなくて年という期間で言えば、仕事は充実でもあり、苦労や負担も多く、努力を求められると同時に実績やキャリアを積み上げていくこともできるという期間の真っ只中。その中でもこの期間はパワフルに仕事を進めていけるし、仕事に対するやりがいや楽しさも感じることでしょう。もし、今の仕事にがんばりたい何かがあって、自分のキャリアアップにつながるものをやっているというのであれば、ここはもう一段の努力のしどころです。すでにがんばっている期間でもう一段の苦労をしろというより、がんばっていることの手ごたえを感じて今の勢いでもいつも以上に働けてしまうような期間。体調面が良好なこともあって、それなりに無理をしすぎてしまいそうな心配はあります。油断をするとやりがい搾取で会社にいいように使われてしまうとか、上司の手柄のためにがんばってしまうようなことも心配にもなります。言われてするのではなくて、自分が納得してできて、結果は自分でもぎ取るくらいのところまで視野に入れるなら、ここはがんばりどころ。仕事にはそこまでの情熱を注げないとか、努力をしても評価されるような場所ではないと思うのであれば、乗せられて働かされすぎないように気を付けてください。いい流れを掴んで転職とか自分の能力を活かせる道を探すのにもいいタイミングです。

買い物では、上旬と中旬は3日の一時低下を除けば好調が続きます。ここは決断力があるので、これだと思うものが見つかって即断即決ができそう。安くなっているタイミングを上手にゲットできるチャンスもあり。掘り出し物を見つけるセンスもあるので、新しいお店やネット通販にチャレンジしてみるのもいいでしょう。その好調な中でも上旬には抜群にセンスが冴えるタイミングが来るので、ファッションアイテムを狙うなら上旬です。下旬になると悪くはないものの上旬や中旬のような好調な状況ではなくなります。ファッションアイテムやそれなりに値段の高いものであれば上旬や中旬の、特に好調な日を狙ってください。

今月の恋愛のポイント

恋愛も好調な部類ですが、絶好調とは言い難い微妙な状態です。

シングルにとっては好きな人への想いが大きくなるとか、その人の小さな反応が嬉しいとか、恋に恋する乙女状態での盛り上がりです。自分からアピールやアプローチをするという点ではここがお勧めという状態ではなく、匂わせてみたり、思わせぶりな行動で気を引いてみたりということはあっても、自分から告白するよりは待ちになってしまいそう。OKサインを出して出方を待つのはできるので、わかりやすいはずだけれど少し悩むかな程度の行動で気を引く作戦がベター。下旬になるともっと具体的な行動を取りやすくなり、自分から話しかけたりする場面もできてきますが、いいムードなのに決め手がなくてあと一歩踏み込んでいいのか悩んでしまいそう。好きな相手がいないという人にとっては、ここでの出会いの可能性は十分にあるのですが、それに自分が気づけるかです。いい人がいても、第一印象はそれほどでもないとか、話してみるまで分からないなど、この時点で恋を意識するところまで勧めるかが微妙。ぞんざいな態度をとってしまえばその芽は摘まれてしまいます。メイクやファッションも手を抜かずにがんばっておくことも必要。相手が会う人に対して期待をしていないと感じてしまうと、恋を意識することなく終わってしまいます。素のままの自分でいたいという気持ちだとしても、なんでもあけっぴろげにぶっちゃければいいのではなくて、準備くらいはしておきましょう、という意味です。

カップルにとっては上旬、中旬ともに好調なのですが、それを感じるには繊細な気持ちを持つ必要があります。些細な言葉のやり取りや、気づきにくいけれどいつも思いやりの気持ちを注いでくれているなど、小さなところにある幸せを感じ取りましょう。いつもの毎日とか、いつもの関係が好きな人を大切に思うと言う気持ちの上に成り立っていることを忘れなければ大丈夫。どこかに出かけるより、ふたりでベタベタイチャイチャしているような時間に幸せを感じます。大切な人が近くにいてくれる安心感です。これを退屈に感じるとか、どちらかの気持ちが鈍感になって愛情がすれ違うような状態なら黄色信号なのですが、そんな状態になるカップルはとても少ないはずなので修復可能な今のうちに何とかすればいいのです。何とかする気も起きない…という人は、既にほかの人が心の中にいるということでしょう。下旬になると自分からデートに誘ったり、やりたいことを提案したり、恋人が嬉しいとかワクワクするようなことを言たっりできるので、いい感じの好調期間を過ごせるでしょう。