トップへ戻る

 1月の占い

トップページと月が合わない場合は再読み込みをしてください。

上旬は良好な期間になり、楽しく過ごせるでしょう。体調面がパワフルに良好で日常のあれこれも順調に進みます。友達との関係もよく、買い物関係もやや好調、仕事も順調。家で過ごす時間が充実して思えたり、気持ちがリラックスできたりとコロナ禍にはちょうどいい感じ。趣味を楽しむもよし、家でおいしいものを食べるとか、家飲みをするのもお勧めです。家族との時間も安心できます。

中旬からはアップダウンが大きくなっていて、体調面が混在や低下の日が増えることで上手なペースが作れなさそう。友人、恋愛、仕事といったことでも体調の波に引っ張られやすいです。12星座の占いなので、体調といっても命にかかわるような重大な病気や事故を書くことはありません。ひとつの星座の人が全員そんな危機にさらされるはずがないからです。ここでは体調自体はマイナス要素だけでなく、むしろプラスの部分もあり混在なのですが、体力を消耗しそうな状態では回復力が高くても維持する力に回されてしまうとか、メンタル的なアップダウンが交互にやってくるとか、病気になってしまった場合にはダメージが大きいとか。注意力低下にしても、365日すべての時間で気を張り詰めているなんて人として不可能です。でも、ここでは低下したときにいつもなら起こらないようなことや、いつもなら気を付けているようなことを軽く考えすぎて、それが事故やけがになりやすいという状況。怖がるよりも、普通に注意をする、大丈夫だろうと確認を怠るようなことはしない、そんな心がけでいればなんとかなるものです。

友人関係では遊び友達との関係は良好です。仕事関係でも友達と思うような人との状態はアップダウンしがち。職場仲間から友人に格上げしていく人たちも出てきそうですが、同時に、甘えられたり寄りかかられたりすることで「仕事についてはしっかりやってほしい」とか「公私の線は引いて欲しい」と思う場面が出たりもします。お互いに助け合える関係だから時には頼られたり助けたりということもあってもいいのですが、度を越してるとか、しょっちゅうだなと思うなら、言うべきことは言わないと仕事に支障が出てしまいます。

恋愛は好調です。

シングルなら、友達のつながりから恋人候補が生まれる可能性はあります。遠距離や歳の差の恋愛はいいともいえるし、避けたほうがいいケースもあるので混在。仕事関係からの恋愛発展はやめたほうがいい期間です。好きな相手がいる人も、ここで恋愛候補出現というひとも、予定通りに接近できる場面もあれば、予想外のアクシデントや想定と違う場面に遭遇して足踏みしてしまうところもあり、恋愛関係に押し切れるかというと難しそう。ピンチのあとにチャンスあり…でも、チャンスのあとにもピンチがきたりするものです。いい流れが来ているときは押しの場面、流れが向いていないと思ったときはじたばたしない気持ちでいましょう。

カップルは人によって好調なカップルと先行きに迷いが生じるカップルとにわかれるでしょう。遠出の旅行とか、二人で長い時間を過ごすということは愛情アップになる場合と、お互いの考えのズレが明確になってしまう場合がありますが、今のコロナ禍の状況では旅行は考えづらいからその影響は小さいかもしれません。一緒に住んでいるカップルであれば、食事や洗濯など日常の家事の分担をうまくできるか、どちらかの負担が大きくなったとしても気にすることなく受け入れられるかで、スムーズにいけば楽しく過ごせますがお互いの主張にずれが出た場合はぎくしゃくしてしまいます。仕事を理由にすると溝は深まる方向。一緒できる趣味などは楽しめるのでプラスになりますが、二人の間にレベルの差があるようであれば、そこは上手にフォローが必要です。